葬儀知識を増やそう|葬儀マニュアルを蓄えヨ

参列者に伝える

千葉に数多くある葬儀社の中から一つに絞り込み、葬儀社を決めた後は、入念に打ち合わせを行なっていきます。いつの何時から通夜や葬儀を行うのか決め、決定した後は参列をする親族や友人など関係者に連絡をする必要があります。すでに死亡したということを親族や友人に知らせていた場合でも、詳細を含め改めて連絡をしましょう。現代は、インターネットやスマートフォンなどの復旧が高く、FAXやメール、チャットアプリなどのSNSが多く利用されています。そのため、電話を掛けるよりもSNSを利用した訃報の連絡を行う人が増えてきています。メールやチャットアプリが利用できる環境の場合は利用してみても良いでしょう。また、これまでは、故人の親族や友人のみだけではなく、仕事仲間や地域で交流のあった人も参列することが一般的でした。しかし、時代の流れとともに大規模な葬儀を行うよりも、親族や友人など親しい関係内で行うようになってきています。

どのような内容の葬儀なのかを参列者に伝える場合には、場所や時間以外にも亡くなった方の氏名や喪主を担当する氏名などをメールやSNS、電話などの手段で細かく内容をまとめて伝えることで相手にも伝わりやすいのです。また、会社に勤めている場合は忌引など休暇手続きをすることも必要であり、子どもがいる場合は、学校にも忌引休暇をもらうことが必要になります。FAXでの連絡手段を行う場合は、FAXのサンプルを見て制作することが出来ます。サンプルはインターネットで探すことが可能だと話題になっています。